「世界にひとつのハーブティー」ハーブグッズと手作り雑貨のお店 フォレスト
ホームお知らせ
お知らせ
お知らせ:33
2013年12月03日
11月3日よりオープンしました、ベルルーンのチャリティの
11月分の収益の計算が出来ました。

カレンダー売り上げより
にゃんず日記さんより印刷代等を含めた分。
ちいさなチカラさんより売り上げの一部。
MARUさんより売り上げの一部。

黒豆ママさんより手作りのバッグ類の売り上げの一部。
MARUさんより絵の売り上げの一部。
ハーブ商品等の売り上げの一部。


合計で 93.234円になりました。

猫さん達の為に、大切に使わせて頂きます。

出金の際は、こちらでご報告させて頂きますので

宜しくお願い致します。



沢山のお買い上げ、お気持ち、心から感謝致します。

ありがとうございました。

これからも宜しくお願い致します。



フォレスト kaya

2013年11月22日
本日、ベルルーンチャリティのカレンダーの全発送が終了しました。

今回「にゃんず日記」さんより印刷代を含めた代金を
ベルルーンへご寄付頂きました。

「ちいさなチカラ」さんと「MARU」さんのカレンダー代金の
一部をベルルーンへご寄付頂きました。


チャリティカレンダーをご購入頂きました皆様
お心を頂きまして、誠にありがとうございました。
こちらのチャリティー代金は猫達の為に大切に使わせて頂きます。

これからも、どうぞ宜しくお願い致します。



フォレスト kaya
2013年11月07日
「にゃんず日記」
「ちいさなチカラ」
「MARU」

のカレンダーをご購入頂きまして
ありがとうございました。

お陰さまで完売致しました。

一緒にベルルーンの商品等をお買い上げ頂いたお客様
頂いたお心を大切に、猫さん達の為に使わせて頂きます。
これからも宜しくお願い致します。


フォレスト kaya
2013年09月27日
10月5日(土)~6日(日)は

仕入れの為、お休みさせて頂きますので

ご連絡のメール等が遅くなります。

ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。
2013年08月03日
大変申し訳ありませんが

8月18日(日)~22日(木)は

お休みさせて頂きますので

宜しくお願い致します。
2013年05月08日

5月22日はフォレストの14歳の誕生日です。

ここまで続けてこれたのは
お客様のお陰です。
ささやかではありますが
プレゼントをご用意しました。

1000円以上お買い上げのお客様に
作家MARUさん作の新作ポストカードを
プレゼントさせて頂きます。
期間は5月20日(月)~26日(日)です。

モデルはフォレストの看板猫「ちゃあ」です(^^)
2012年12月20日
いつも、お世話になっております。

12月29日(土)~ 1月6日(日)

年末年始のお休みとさせて頂きます。

休業にあたりなにかとご迷惑をおかけしますが

宜しくお願い申し上げます。
2012年11月10日
にゃんず日記さんのカレンダーは
入荷次第アップさせて頂きますので
今しばらくお待ち下さいませ。。。
2012年10月08日
10月13日(土)と14日(日)は仕入れの為
お休みさせて頂きますので
宜しくお願い致します。
2012年08月10日
お知らせです。

8月11日(土)~ 15日(水)

の間、お休みさせて頂きますので
どうぞ、宜しくお願い致します。


2012年05月11日
5月22日でフォレストは誕生13歳の誕生日を迎えます。

日頃の感謝を込めて、5月20日~31日の間に
1,000円以上のご注文のお客様に、ささやかではありますが
プレゼントをご用意致しました。

どうぞ、この期間にお買い物下さいます様に
宜しくお願い致します。
2011年12月19日
フォレストの営業は年内は27日(火)までとなります。

ご注文の受付は終了させて頂きました。

新年は6日(金)より通常営業とさせて頂きますので

どうぞ、宜しくお願い致します。

2011年04月26日

 
ハーブとの出会いは、今から18年ほど前―
普通の会社員として働いていた私は、ある時期からどんどんストレスがたまり、やがて何もかも投げ出してしまいたいほどの、精神的・肉体的な憂鬱感にさいなまれました。
今で言うところの「うつ」の状態だったのかもしれません。
 
倒れるように仕事を辞め、何をする気も起きずにいたある日…
ふと雑誌をめくっていると、そこには一面のラベンダー畑が広がっていました。
家の外に出るのも億劫だったのに、私は、何かに導かれるようにして園芸店に出かけ、そこで、一鉢のハーブの苗と出会ったのです。 

 

ゼラニウム。
けしてめずらしいわけでもないその苗を手に、私は、その日から、毎日、水をあげました。
日常の生活をすることすら困難だったのに―
いつしか、水をあげるたびに、ふわり、と、まるで応えるようにして立ち上るその柔らかな香りに、気がつけば、私の心は解き放たれていきました。
 
自分に必要なのはこれかもしれない―
 
そう思った私は、ハーブショップで勤めはじめ、ハーブを学び…
やがて講師をさせていただく機会にも恵まれました。
 
幼い頃から重度のアレルギーと虚弱体質で、人が普通にできることができず、まわりを羨み、いつしか自分の殻に閉じこもり、人の優しさにも気付かなかった日々。
ところが、ハーブと出会い、日常の中でハーブとともに生きることで、心身ともに自由になりました。

 今、私のショップに来て下さるお客さんたちは、皆さん、とても優しくて、あたたかくて、だけど、それぞれに、生きることに少し疲れておられるように感じます。
体の不具合、心の不具合…
それを薬で治そうとしても、薬にはかならず何らかの副作用があります。
農薬を撒きすぎた土が疲れ衰えてしまうように、人の体や心にも、負担をかけてしまうのは逆効果です。
「どんな不具合も、その人の個性」。
押さえ込むのではなく、上手につきあっていけるよう…
私がハーブによって救われたように、悩みを抱える方々に、植物の生きるチカラを感じ、癒されてもらえればしあわせです。

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス